日常を捉える スポーツから社会へ

学生時代スポーツしかしてこなかった人間が、多種多様な社会を捉える Twitterもお願いします! Twitter:naoking43676854

クラウドファンディング 差し戻し!!

こんばんは。

思いついたことを実行に移すために、昨日クラウドファンディングを申請していました。

 

大まかな内容は

・学校教育を壊すをテーマに、学生時代に起業した方をインタビューして雑誌を作り、自費出版して高校生に無料配布+講演を行う。学外の世界に触れ興味を持つきっかけを作ることで、現在の知識詰め込みである学校教育の存在意義を薄め、より多様な生き方を牽引していくことに繋げる。インタビュー、講演可能な人や学校は未定。

 

というもの。

 

しかし結果は、申請却下!!!差し戻しとなりました。。。

理由としては

・学校批判的な内容を出版できるかどうか

・未定の部分により、リターンとして使う雑誌の出版時期が分からない。(そのためリターンの実行時期をかなり遅く設定していました。)

 

うーん、、間違いない、、、

 

細かい部分の設定がないため、

実行に現実性が見えにくくなっている気がします。

勝手に「学校教育を壊す」というテーマを面白く感じていましたが、掲載すらされず撃沈、、、

 

f:id:naokingdayo:20180809204440j:imageちょっとテーマでつけた写真もダサ過ぎたかもしれません、、、。↑

 

 

そう考えると実際にクラウドファンディングで資金集めを達成した人や、

起業などによりアイデアを形にして実行している人はさすがだなとしみじみ感じます。自分は掲載にも届きませんでしたから、。。

 

ただ申請したからこそ計画が不明瞭だということはわかりました。自分の思いついたことを言葉にした点、不明瞭さを理解した点、強引にプラスに捉えるとそんな感じでしょうか。。

 

この前書いた高校生や教員に対するインターンシップも、テーマは同じ。学校教育を壊すというもの。

外部からの刺激でしか動かないものを、動かしたい・壊したい、教育というものの影響力を薄めて自分で考える子どもを生み出す、というがテーマでした。

 

これはこれまでの経験からも、自分の核的な一部だと感じています。

インターンシップというシステムを作るのには企業力が必要なため、クラウドファンディングにより個人でできそうな案をだしてみましたが、

 

同じような内容でなくとも、

自分の核を実行に移せるように、また核に影響を与えるようなものと出会えるように、案を見直していこうと思います。